気候

台湾の5月は梅雨?天候や気温、服装をチェック!

更新日:

5月 台湾 気候

5月のゴールデンウィークに台湾旅行を計画している方も多いのではないでしょうか?

台湾の5月の気候や天候はどうなのでしょうか?

日本では6月が梅雨ですが、台湾は5月中旬からが梅雨の時期となります

そ~なんだ!
っと思ったあなたに、

5月の台湾の気候や天候、おすすめの服装を紹介していきますね!

 

台湾の5月の気温や気候は?

台湾の5月の気温は、20度以上ある日が多く平均25.3℃で、観光をしやすいと言えます。

晴れの日が多く、街路樹の緑も美しく、マンゴーやライチなど多くの南国フルーツが旬を迎えています。

台湾は、北半分が亜熱帯気候、南半分は熱帯気候に分かれていて、気温は1年中10℃を下回ることはほとんどありません。
沖縄に近いイメージです。

5月になると、30℃を超える日も珍しくないので、日焼け止めがあるといいですね。
またこの時期、は蒸し暑く感じます。

ただ、5月中旬からは初夏になり、梅雨の時期となります。

台湾の梅雨は、5月中旬~6月中旬。この期間に行かれる場合は、雨具が必須となります!

日本の梅雨とは違って、スコールやゲリラ豪雨のような降り方をする時もありますので注意してくださいね。

5月の台湾旅行の服装は?

5月の台湾気持ちの良い気候!
20℃を超える日が多いので、半そで、薄手の長袖で過ごせます。

梅雨時期は、雨が降り肌寒く感じることがあるので、カーデガンなどの羽織ものがあると安心です。

台湾の空港やレストラン、バスなどは冷房がガンガン効いていいるので、夏でも薄手の上着があったほうがいいですよ!

また、5月中旬からは時期は天候が不安定になるので、雨具は必須です!

折り畳みの傘や、雨カッパを用意しておいてください。

雨や止んだ後は、ムシムシとした湿気に襲われるので、熱中症に注意です。
扇子や、ポータブル扇風機があれば結構重宝します。

湿度が上がると蚊が多く発生しますので、虫対策にお忘れなく。

過ごしやすい台湾のベストシーズンは?

 

台湾のベストシーズンは、南国フルーツがたくさん味わえる3月~5月
この時期だけ食べられるマンゴーかき氷などが楽しめます!

夏の暑さが一段落し心地よく過ごせるのは10月~11月
天候も比較的安定していて、町歩きなど屋外の活動をメインにするならおすすめです。

台湾、5月のイベント情報と祝日

 

台湾の5月にゴールデンウィークはありません。

目立ったイベントも特にありません

●5月1日    労働節(メーデー)労働者の休日

●第2日曜  母親節

労働節

メーデーとなり、祝日ではありませんが、ほとんどの会社が休みになります。

大都市では、デモ行進や集会などが行われ、一部では交通規制等もあるので、旅行をする際は注意してください。

母親節

日本でもある、母の日です。

台湾でもお母さんに感謝を伝えるために、カーネーションを贈るようです。

台湾の5月は梅雨?天候や気温、服装をチェック!まとめ

5月の台湾は、平均25.3℃でとっても過ごしやい季節。
旅行のベストシーズンです!

蒸し暑い日も多いので、半そでにカーデガンなどの羽織ものがあれば重宝します。

5月中旬から梅雨になりますので、雨具の準備が必須です。

折り畳みの傘と、意外と人混みで重宝する雨カッパの用意がおすすめです(^-^)

虫よけや、日焼け止めもあると安心です!

-気候

Copyright© 台湾てんごく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.