気候

台湾の6月の気候について|梅雨は日本と同じ感じ?

更新日:

台湾 6月 気候

6月と言えば日本では梅雨ですよね。

6月は夏休み前で現地の人の移動が少なく、交通やホテルの手配がスムーズにできる時期です。
ゆったり過ごしたい方にオススメの時期。

しかし、台湾旅行を計画している人にとって気になる6月の気候。

台湾も日本と同じように雨に日が多いのでしょうか?

はてな

  • 台湾の6月の気温は?
  • 台湾の6月の天候は?梅雨なの?台風は?
  • 台湾の6月の服装は?
  • 6月に台湾旅行をする注意点は?

この記事では、台湾の6月の気候について、服装や注意点についてまとめています。

台湾の6月の天候は梅雨?

台湾の梅雨は、5月中旬~6月中旬頃です。

台湾 降水量

こちらは、台北の年間降水量のグラフになります。

東京と比較すると台北の方が降水量が多いですね。東京の梅雨よりも降る日が多いということ。

観光地として人気の高い台北の6月は、平均2日に1日は雨だと言われています。

曇りの日が続く日もありますので、この時期に行かれる方は天気予報を必ずチェックしてください。

雨の降り方

日本の梅雨は、シトシトと降り続きますが、台湾の梅雨は降り方が違います。

台湾の梅雨は、スコールの様に豪雨が降ったと思えば、すぐに太陽がでて気温が高くなりジメジメとし蒸し暑く感じることがあります。

台風はくる?

6月の台湾は、台風が来ることもあります。

台風のピークは、7月8月9月となりますので、あまり心配はいりませんが年によっては6月にくる年もあります

台湾の6月の気温は?

台湾の6月は初夏となり平均気温は、27.8℃。東京は21.4℃となります。

6月 台北 東京
平均気温 27.8 21.4
最高気温 32.0 25.5
最低気温 24.6 18.0

東京より、5℃~8℃程高いことがわかります。

台湾の年間の気温

台湾 気温

台湾の6月は、初夏となり夏にむけて気温がグングン上がっていく時期です。

台湾6月の湿度は?

台湾の6月は、梅雨で気温もあがってきている初夏となり、湿度も高くなります。

台北の相対湿度は、77.3%。蒸し暑く感じます

台北の家では、湿気対策が必須となり、クローゼットがカビやすくなるため、除湿器を置いている家が多くみられます。

台湾へ旅行をする気候のベストシーズンは?

●3月~5月
マンゴーやライチなどいろいろな南国フルーツが旬を迎える3月~5月は晴れの日が多く、街路樹の緑も綺麗。

●10月~11月
夏の暑さや台風が少し落ち着き、心地よく過ごせます。
天気が安定しているので、町歩きなどの屋外活動をメインにしたいならおすすめの時期。

6月台湾へいく服装は?

6月の台湾の平均気温は、27.8℃となり湿度も高いので蒸し暑く感じるため、
半袖のTシャツやブラウスに、ショートパンツやハーフパンツ、足元はサンダルで過ごせます。

雨の多い暑い時期の台湾では、サンダルが基本です。
濡れても良いサンダルがいいですね。

空港やバス、ホテルなどは冷房が効いているいることが多いので薄手のカーデガンがあると安心です。

雨が多い時期なので、折り畳み傘や雨カッパを用意しておきましょう。
九分など人混みに行かれるかたは、カッパがあると重宝します。

晴れると紫外線の量が日本より多くなるので、日焼け止めクリームや帽子などの日焼け対策が必要となります。

また、蚊が発生しますので、虫よけやムヒなどの虫対策もお忘れなく

台湾の6月の気候について|梅雨は日本と同じ感じ?まとめ

台湾の気候や気温のまとめ

  • 初夏で平均27.8℃
  • 台湾の梅雨は、5月中旬~6月中旬頃
  • 日本の梅雨とは違ってスコールの様な降り方
  • 気温と湿度が高く、かなり蒸し暑く感じる

服装や持って行くと良いもの まとめ

  • 半袖のTシャツに半ズボンにサンダル
  • 折り畳み傘などの雨具、タオル
  • UVカットなどの紫外線対策
  • 虫よけ対策

6月の台湾は、梅雨の時期ですが、夏休みに入る前なので、ゆったり気分を味わうならおすすめです。

是非、準備をして楽しんでくだいさね♪

-気候

Copyright© 台湾てんごく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.