気候

台湾の7月、気温や気候、服装は?

更新日:

台湾 7月 気温


7月に入って夏休みも始まり、台湾旅行を計画している方も多いのではないでしょうか?

台湾の7月の気温や気候が気になりますよね!

沖縄より南に位置する台湾。

はてな

  • どのぐらい暑いのか?
  • どんな服装で行ったらいいのか?
  • 注意することはある?
  • 持って行った方がいいのものは何?

この記事では、7月の台湾旅行の気温や天気、服装や持ち物について紹介します!


7月の台湾の気温と気候は?

気温

台湾の7月は夏季にあたり、夏本番となります。

平均気温は、29.2℃。東京は26.4℃。

台湾の夏は、正直死ぬほど暑いです!

台北 東京
最高気温 33℃ 29℃
最低気温 24℃ 22℃
平均気温 29.2℃ 25.5℃

台湾 気温

気候、雨の量

台湾の7月は、台風シーズンに入ります。(台風シーズンは7月~9月)

また、スコールもありますので6月よりは降水量が少ないですが、注意が必要です。

スコールは、短時間ドバーーっと雨が降ってピタッと止む降り方です。
濡れても大丈夫な服装(サンダルなど)で行動し、雨の間はカフェなどで雨宿りがおすすめです。

台湾 降水量

湿度

この時期の台湾の湿度は、平均73%。
日本の7月の梅雨時期とあまり変わらないぐらいジメジメと感じます。

体感が違うのは、気温が高いので日本よりもっと蒸し暑く感じることです。

水分補給をし、熱中症に気を付けてください。

雨が止むと蚊が発生しますので、虫よけ対策もしておいた方が安心です。

紫外線の量

台湾の紫外線の量は、日本の2倍以上と言われています。

多い時では、5倍以上と言われることもありますので、冬でも紫外線対策が必要です。

油断していると、日焼けにより体調をくずしてしまうこともあるので、日焼け止め、日傘、帽子、サングラスなどしっかり対策をしてください。

皮膚がジリジリと焼けそう表現する人もいるぐらい、日中の外は本当に暑いです!

日中に屋外を観光するのは大変。
日中は館内で過ごし、夕方から外歩きをするなど工夫をしましょう。

夜市はもちろん、夜の公園も子供や大人で賑わっているので台湾の人は日が落ちてから行動するようです。

もし日中に屋外を観光する場合は、こまめに休憩をとってくださいね。お茶や水は必需品です。

7月に台湾へ行く時のおすすめの服装は?

7月の台湾の服装は、日本の夏と同じで大丈夫です!

雨が降りやすく、湿度が高いこと、紫外線対策を考慮してくださいね。

館内やバスなどは冷房がガンガン効いていいますので、カーデガンなど冷房対策もお忘れなく。

わたしは、短パンだと冷房で足が冷えてしまうので、ワイドな長ズボンに半袖が定番スタイルです。

ポイント

  • Tシャツにズボン
  • 女性はワンピース
  • 足元はサンダルかスニーカー
  • 濡れても良いバッグ
  • カーデガン
  • 帽子、サングラス、日傘

この時期おすすめの持ち物

蒸し暑く、雨が多いこの時期に持っていくと良いものをまとめてみました。

ポイント

  • 折り畳み傘(晴雨兼用)
  • カーデガンなど薄手の羽織もの
  • UV対策
  • 虫よけ、かゆみ止め

台湾は、日本の製品も手に入れやすいので、忘れても現地で調達できます。

台湾旅行、快適に過ごせるベストシーズンは?

気候が安定していて、快適に過ごせるのは3月~5月。

マンゴーやライチなどの南国フルーツが旬を迎え、晴れも日が多く、街路樹の緑も美しい時期です。

また、夏の暑さが一段落した10月~11月もおすすめです。

天候が比較的安定し、町歩きなど屋外の活動ができます。

台湾の7月、気温や気候、服装は?|まとめ

台湾の7月は、真夏!めちゃくちゃ暑いです!

日本の夏より蒸し暑く、雨も降りやすいので対策をしてくださいね。

7月はまだ少ないですが、台風情報にも注意です。

真夏ならではのかき氷など旬を迎えていますので、対策をしておもいっきり楽しんでくださいね!

真夏のマンゴーかき氷は本当に最高です!!

注意ポイント

暑さ対策
紫外線対策
雨対策
虫対策

必要なものは現地でも調達できますが、お子さんと一緒の方などは準備しておくとスムーズに旅行がたのしめると思います!

-気候

Copyright© 台湾てんごく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.