台湾生活情報

台北の図書館で日本語の本が簡単に借りられた!貸出期間は1ヵ月

更新日:

台湾の図書館

台北に来て約半年が過ぎ、子供の絵本が手持ちの分ではちょっと物足りなくなっていたので、図書館に行ってみました。

わたしが行った天母の図書館は、想像以上に施設が充実していて、

日本語の本のコーナーもあり、絵本や小説、雑誌もあったのでなかなか使えることが分かりました!

この記事では、

●台湾の図書館はどんな感じ?
●台湾の図書館に日本語の本はある?
●本の借りられる日数
●本の借り方

 

などについて書いていきますので、参考になれば嬉しいです。

台北の図書館ってどんな感じ?

今回、台北市立図書館天母分館に行ってきたのでレポートしたいと思います。

建物の3階と4階が図書館になっていて、3階に受付があります。

アラ
とっても施設がきれいで、日本の図書館とよく似てます!

本棚が分かりやすく分類されていて、本を読む机やソファー、自習室、ウォータークーラー、コンセント付き机、CDやDVDもありました。

台湾の図書館

WiFiは、TaipeiFreeWiFiが使えます。

  • 本を借りたい方
  • ゆっくり本を読みたい方
  • 雑誌をさっくっと読みたい方
  • PC作業をしたい方
  • 勉強をしたい方

に便利だと感じました。

日本語の本もそこそこある!

中国語の本がほとんどですが、日本語の本もそこそこ置いてあり子供の絵本もありました。

英語の本もかなり揃っています。

日本語の本は、絵本や小説、雑誌、趣味の本など幅ひろくそろっていて、充分選ぶことができるぐらいの満足な量がありました。

 

台北の図書館で借りられる日数と冊数

わたしが行った図書館での、本が借りられる日数と冊数です。

●借りられる冊数・・・15冊
●借りられる日数・・・1ヵ月

CDとDVD

●借りられる個数・・・5個
●借りられる日数・・・14日間

東京より多く、長く借りられるのでびっくりしました。

台湾の図書館での本の借り方

台湾の図書館での本の借り方ですが、日本とよく似ています。

まず初めての場合、図書カードを作る必要があるので、申込書を記入します。

台湾の図書館の申込書

居留所番号を見せる必要がるので、お忘れなく!

申し込み書を記入したら、受付に行って提出します。

カードは2~3分ぐらいで作ってもらうことができました。

ガードをゲットしたら、「自動借書系統」という機械にカードをかざし、

借りたい本のバーコードを自分で読み取らせます。

 

全部の本を読みこんだら、返却日の書かれたレシートのようものがでくるので、これで完了です。

 

わたしが初めてみてびっくりしたのが、「自動借書系統」の横に置いてある、「除菌箱」と言うものです。

台湾の図書館の除菌箱

使い方が分からなかったので、ほかの人が使う様子を見ていました。

なんと、除菌箱は本を入れてしばらく待つと、除菌されるのです!

除菌箱を開けると紫の光がでているので、紫外線でしょうかね。

 

借りた本の返却方法は日本と同じ

借りた本の返却方法は、窓口でカードと一緒に本を提出します。

係の人がバーコードを読み込んでくれて、返却は終わりです!

台北の図書館で日本語の本が簡単に借りられた!貸出期間は1ヵ月|まとめ

台北の図書館には日本語の絵本や、雑誌、小説、生活情報本など一通りのものがそろっています。

本を借りる手順

  1. 初めての場合は、図書カード申込書を書いてカードを作る
  2. 「自動借書系統」という機械にカードと本のバーコードをかざし読み取る
  3. 完了を押すとレシートのようなものがでてくるので受け取る
  4. 除菌箱で本を除菌する

日本語の本は日本ほど量はありませんが、子供の絵本を借りたいわたしには満足でした。

必要なもの

●初めての場合は居留証
●図書カード
●本を入れる袋

台湾には、台北で一番おしゃれだと言われている「北投図書館」や、

「国家図書館」「国立台湾図書館」「国立台中図書館」「高雄市立図書館」など大きな図書館がいろいろあるので、そのうち巡ってみたいと思います。

台湾での図書館について、参考になればうれしいです!

-台湾生活情報

Copyright© 台湾てんごく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.