渡航までの準備 駐在妻

夫が海外赴任に!帯同する?しない?モヤモヤを整理してみよう!

更新日:

海外赴任 帯同


夫の海外赴任が突然決まった時、妻と子供たちが付いて行くかどうか?

判断が迫られますよねpiko家の場合、当時わたしは専業主婦で2人の子供達(姉妹)は保育園に通っていました。

わたしの場合、夫の海外赴任が決まる半年程まえから中華圏に転勤になることは分かっていたので、考える時間がありました。

この記事ではどのように帯同を決断したか5つの点にまとめてみましたので、突然の転勤で頭の中がパニックになっているあなたの参考になれば嬉しいです。

  1. 私の夫への気持ち
  2. 海外に住むという人生経験
  3. 子供の教育
  4. 経済状況
  5. 自分のキャリア

わたしの夫への気持ち

わたしは、夫の転勤がきっかけで結婚し大阪から東京へ。
そこで新生活をはじめ家族が増えました。

東京への転勤が決まった当時は恋愛真っ最中だったので、それまで11年間勤めていた会社を辞めて夫に着いてきた形となりました。

仕事は続けたかったんですけどね。一般職だったので転勤が認められず、辞めることに。

でも!大好きな彼と結婚して生活する方が何倍も大事でした!

時が経ち、結婚7年目にやってきた台湾への海外赴任。

この時の私の気持ちは・・・

アラ
「帯同して当たり前とは思わないで!」
と夫に言っていました・・・(笑)

「着いてきて欲しい」とお願いして欲しかっただけのただの愛情確認です。(面倒くさっ!)

パパ
「じゃあ、なんで東京には着いてきたん?」
アラ
「好きだったから!」
パパ
「ってことは、今は好きじゃないの?」
アラ
「・・・いや・・・変わってない」

この会話で、夫への気持ちが今一度はっきりしました。

帯同する理由に、わたしがあなたと一緒にいたいから!これは大事なんじゃないでしょうか?

家族が増えると自分の気持ちだけで決断できないこ事もありますが、自分の気持ちを確認して相手に伝えておくことは大事だな~と感じました。

海外に住むという人生経験

海外で暮らすという経験を考えた時に、こんなチャンスは誰にでもあることではない!とプラスに考えました。

自分や家族の人生にとってきっとプラスになる経験ができると思います。

海外に住む日本人は5%らしいです!

長い人生のたった数年、新な国で価値観の違う人と触れ合うなんて、刺激的!

子供の教育

子供が新しい環境に馴染めるか、日本語が通じない幼稚園でやっていけるか?は不安でした。

わたし自身日本語しか話せないので(英語は少し)子供に語学を教えることができません。

しかし、最近の日本では英語は話せて当たり前。日本語+英語+αの言語が大事だと感じていたので、この環境はラッキーなのかも?と思いました。

そして、子供の経験として「台湾に住んでたことがある」ということが将来大人になった時に何かしら広がりをもたらしてくれるのでは?と感じてます。

わたしも、与えられた環境で育児を楽しめたらいいな~。

どんどん多くのことを吸収して、いろんな価値観を受け入れて、幅の広い人になってくれたらな~と!

経済状況

赴任する1年前までは共働きでした。

海外赴任することによってその頃ぐらいの収入になるので、生活レベルは変わらないですね。

そんなに贅沢もできない、普通に生活できるレベルですかね(笑)

本気国した時にはわたしも仕事がしたいので、それまでにスキルアップさせたり勉強をしようと思っています。

まずは中国語を勉強してます!

自分のキャリア

共働きの方は、夫の海外赴任が決まった時に一番悩むのではないでしょうか?

わたしの場合は、赴任する約1年前に体調不良で退職していたので専業主婦でした。

夫の海外赴任が決まる前に、上海へ留学をしていたのでそれもあり退職してからは療養しつつ育児をしていました。

わたしは、営業事務11年→育児3年→派遣で事務職2年→専業主婦1年。

自慢できる程のキャリアはないので、気楽なもんですけど仕事はしていたい太刀なので、駐在妻もキャリアの一部だと考えています!

ブランクだと思わずに、新しいことができるチャンス!経験値を増やして、この時間を利用して知識も増やそうと思ってます。

帯同する?しない?は自分が決める!

5つ視点から、夫の海外赴任に帯同するかどうかを考えてみました。

  1. 私の夫への気持ち
  2. 海外に住むという人生経験
  3. 子供の教育
  4. 経済状況
  5. 自分のキャリア

色々な問題があったり不安になったりする時は、1つづつ問題を切り分けて考えると整理できます!

何が自分にとって大事かは、人それぞれ。

我が家の場合、帯同する!に軍配が上がりました!
というか家族が離れ離れになりたくない!の気持ちがほとんど。

帯同するかしないかの結論は、自分と家族の価値観の確認作業だと思います。

いろんな視点から、納得のいく決断をしてくださいね!この記事がそのお手伝いになれば嬉しいです。

 

でもでも!赴任が決まった当初はこんなに前向きには考えられませんでした。

夫と話し合ったり、赴任経験のある人から情報を集めたりして今は前向きになれています。

不安やモヤモヤがある方は、ぜひ情報収集をしてみてくださいね!

わたしへのメッセージも大歓迎です!

-渡航までの準備, 駐在妻

Copyright© 台湾てんごく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.